Race Report

SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA 2012.05.03 – 05

松田次生コメント

マレーシアらしく暑い1日の中決勝レースが行われました。
朝のフリー走行では決勝レースへ向けセットアップを確認しました。しかし、予想よりもタイヤのマネージメントが必要な事も解り、決勝レースはタフな戦いになると感じていました。スタート前はポールポジションインタビューなど慌ただしい感じでしたがオリベイラ選手と健闘を誓いました。スタート直前までコックピットを冷やしいざレースへ。スタートから序盤にかけて思っていたよりもオーバーステアーが強くブレーキング時の安定感が無く、しかも後半はリヤタイヤの消耗でペースが上げられず#18に抜かれてしまいました。しかし、ピットで迅速に作業してくれたチームメカニックの皆がトップでコースに送り出してくれたお陰で今期スーパーGT初優勝する事が出来ました。正直、内容的には完全に勝てたレースではなかったですがこの苦しい状態で、勝つ事に意味があると感じました。まだまだマシンのポテンシャルやタイヤのパフォーマンスを上げなければシリーズチャンピオンはみえてこないので皆で力を合わせて今後の開発も頑張っていきます。
今回、カルソニックカンセイの方も来られていたのでスポンサーの方の前で勝つ事が出来た事も凄く大きかったです!
とにかく、この1勝を無駄にしない様に、チームメイトと一緒に気を引き締めて頑張ります。

リザルト

PoNoMachineDriverTime/Diff.Laps
112カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R / VRH34B
松田 次生
J.P・デ・オリベイラ
1:50'11.23254
239DENSO KOBELCO SC430
LEXUS SC430 / RV8KG
脇阪 寿一
石浦 宏明
4.0954
3100RAYBRIG HSV-010
Honda HSV-010 GT / HR10EG
伊沢 拓也
小暮 卓史
8.63154
418ウイダー モデューロ HSV-010
Honda HSV-010 GT / HR10EG
山本 尚貴
フレデリック・マコヴィッキィ
15.65754
517KEIHIN HSV-010
Honda HSV-010 GT / HR10EG
塚越 広大
金石 年弘
15.80354
61REITO MOLA GT-R
NISSAN GT-R / VRH34B
本山 哲
関口 雄飛
23.89754
76ENEOS SUSTINA SC430
LEXUS SC430 / RV8KG
大嶋 和也
国本 雄資
28.97154
88ARTA HSV-010
Honda HSV-010 GT / HR10EG
ラルフ・ファーマン
松浦 孝亮
40.92654
923MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R / VRH34B
柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ
41.48754
1037KeePer TOM'S SC430
LEXUS SC430 / RV8KG
伊藤 大輔
アンドレア・カルダレッリ
56.41554
1136PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430 / RV8KG
中嶋 一貴
ジェームス・ロシター
1'11.69654
1232Epson HSV-010
Honda HSV-010 GT / HR10EG
道上 龍
中嶋 大祐
1'18.17154
1324D'station ADVAN GT-R
NISSAN GT-R / VRH34B
安田 裕信
ミハエル・クルム
1'22.26054
1438ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430 / RV8KG
立川 祐路
平手 晃平
1'59.40954
1519WedsSport ADVAN SC430
LEXUS SC430 / RV8KG
荒 聖治
アンドレ・クート
2'00.79354

トップへ戻る